2017年12月 7日 (木)

玉名温泉☆紅葉狩りの旅 紅葉編

一夜明けて、昨日とはうってかわって快晴です。幸先良さそう~ (*^.^*)

Tamana21                    朝食もお部屋で おしぼりの柄が「くまモン」なのは初めて見たよ

朝からたっぷりの量で、お豆腐は残してしまいました (=´Д`=)ゞパックニイレラレナイ…
温泉設備の故障は残念でしたが、お料理は美味しかったよ~ (*^ω^*)ノ彡

Tamana22                    『旅荘 黄金館』外観 HPの写真を貼り合わせました

お部屋で朝食を頂きながら、行き当たりばったりの行き先決め。ホテルの近くに紅葉で
有名な『疋野神社』と『蓮華院誕生寺 奥の院』があるので、行ってみる事にしました。

Tamana23                    『疋野神社』 二の鳥居と参道

何の予備知識もないまま訪れた『疋野神社』ですが、2000年の歴史を持つ肥後の国の
古名社で、玉名地方最高の県社に格付けされた唯一の神社なのだそうです。
地震の影響なのか、鳥居の笠木(一番上の渡された横材)や柱の上部に修復の跡が
あり、貫(下の横材)は、新しい物が入られていました。

Tamana24                    『疋野神社』 手水舎と拝殿

疋野長者ゆかりの神社で、縁結び・商売繁盛・開運招福のご利益があるそうです。
都の姫君が夢のおつげにより、この地の炭焼きの小五郎に嫁入りし、この小五郎が
のちに鉄器(炭焼きの技法が製鉄に活かせるのだそうです)によって大きな財をなし、
疋野長者と呼ばれるようになったそうな。

Tamana25                    『疋野神社』 狛犬・厄除け鳥居・なで牛

ここの狛犬はポメラニアンがお座りしているみたいで、ふっくらしててなんだか可愛い❤
厄除け鳥居は、本当に小さくて、はたして、くぐれる人がいるのだろうか? !(・oノ)ノ

Tamana26                    『疋野神社』 境内から三の鳥居

二の鳥居から三の鳥居まで、紅葉がトンネルのようになっているのですが、ここからの
景色が一番見事でした (*^_^*)
あ❣御社殿の裏に『長者の泉』があったのに、行きそびれてしまった~ (。>0<。)

続いて『蓮華院誕生寺 奥の院』へ。『本院』は、『疋野神社』から西へ2キロ程の場所に
あります。

Tamana27                    『蓮華院誕生寺 奥の院』へ こんな道が延々と続く

小岱山のかなり奥まで入っていきます。ここは、もう参道になるのか、道の両側に灯籠が
並んでいます。朝食の席で仲居さんが、「紅葉にはちょっと早いかも…」と言っていた
ように、まだ青味を多く残した木々に失望しかけた頃、目にも鮮やかな銀杏の木が…❣

Tamana28                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 心経門

立派なご門ですね。「佛説摩訶般若波羅蜜多心経」と書かれています。梵字は読めない…(゚ー゚;
法然上人のお師匠様、皇円大菩薩様ご誕生の由緒あるお寺の別院です。門を見て
密教っぽいと思ったのですが、やはり「真言律宗」という真言密教のお寺でした。 

Tamana29                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 心経門と手水舎 奥に二の門

寺務所で参詣料をお支払い。「一願成就」「厄払い」のご利益を求めて、年間30万人が
お参りするのだとか。お願い事の一つは叶うそうで、わ、何を願お? (*゚ー゚*)

Tamana30                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 鐘楼堂

「二の門」を入って、すぐ左手には、大きな「鐘楼堂」がありました。下がっているのは
世界一の大梵鐘、「飛龍の鐘」。パンフレットに載っていた梵鐘を突く様子にビックリ。
まさに全身を使っての、渾身の一打ですね Σ(゚□゚(゚□゚*)

Tamana31                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 五重塔と仁王門

実は、「心経門」から「二の門」、さらに「仁王門」まで、一直線に参道が伸びています。
参道は、「仁王門」から、さらに真直ぐに奥へ続きます。

Tamana32                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 仁王門 九州一の大仁王尊
                                           二階の窓越しに大仏様


その先には、御礼廟の大仏様が…。広大な敷地の中、門からは、かなりの距離がある
のですが、導かれるように大仏様に誘われていきます。

Tamana33                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 五重塔と桜ヶ池男池

…が、「仁王門」の左にある太めの五重塔の1階が本堂なので、先にこちらにお参りを。
日本で初めての登れる五重の塔。上の階には写経や座禅等の修行ができる道場が
あるそうです。霊水を頂き、厄除けの鐘を購入しました (*^-^)⊃▵チリーン

Tamana34                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 柴燈大護摩道場と大仏様(皇円大菩薩様)

「仁王門」の奥へ、いざ進まん❣実際かなり広くて、もう疲れが出ていますが、まだまだ
先は長い❣風邪の治りかけで、体力が…。大仏様まで上る階段も、えっちらおっちら。 

Tamana35                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 大日堂の大日如来像と真宝道

大仏様の真裏にある「大日堂」。金色の大日如来様がいらっしゃいます。大日如来様の
お言葉をお伝えするのが皇円大菩薩様なのだそうです。そして、その奥に「真宝道」。
108個の煩悩を落とす108mの坂。この辺りまできて、やっと秋らしき色合いが見えて
きましたよ。黄葉を楽しみながら煩悩を落とせるなんて、嬉しいね (*^.^*)

Tamana36                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 開山堂と展望所

開山上人様をお祀りした「開山堂」を抜け、さらに奥へ。広々とした展望所に出ました。
玉名の街並越しに、有明海、さらに雲仙普賢岳まで見渡せました o(*^▽^*)o
ここには「縁結びの鐘」があり、左から順に「家族の鐘、恋人の鐘、隣人の鐘」ですって。

Tamana37                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 紅葉~❤

そして、見えてきました、紅葉の散策路。やっと色づき始めたくらいですね。一週間ほど
早かったかなぁ。やはり地元の方は良く御存じですね (*´v゚*)ゞ

Tamana38                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 桜ヶ池女池

ここまで休まずに歩いてきたので、少々休憩。お天気に恵まれて、心地よいお参りと
散策になりました (*^.^*)

Tamana39                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 五重塔(極楽橋)とお守り堂 下は仁王門(裏側)

グルリとまわって、参道へ戻ってきました。本当に広大な敷地なので、あとでパンフレット
を見たら、お参りできなかった場所が多数ありました (=´Д`=)ゞ

Tamana40                    『蓮華院誕生寺 奥の院』 相撲道場と柴燈大護摩道場

五重塔の反対側には広場があり、土俵が…。「相撲道場」だそうです。毎年11月3日は
奥の院大祭の日。九州場所が始まる前で、、柴燈大護摩道場で横綱の奉納土俵入りが
行われています。ニュースでは見た事があったけれど、このお寺だったんですね。
今年は稀勢の里関が土俵入りしたそうです。その前は日馬富士関、さらにその前は
白鵬関が…。なんとも先行きが気になる相撲界ですが、皆さんの立派な土俵入りの
写真が飾ってありました。

さて、このあとは熊本城へ行くよ (*゚ー゚*)

2017年11月30日 (木)

玉名温泉☆紅葉狩りの旅 温泉編

35回目の結婚記念日を迎え、熊本へ一泊の温泉旅行へ行ってきました (*^_^*)
突然思い立ったので予定もたてず、ただホテルに宿泊の予約を入れただけ。そろそろ
紅葉が見られるのではないか…と、成り行きまかせの旅です。

Tamana01                    玉名温泉 『旅荘 黄金館』 小雨模様のなか到着~

宿泊場所は熊本の玉名温泉、『旅荘 黄金館』。平日出発なので仕事を早めに切り上げ、
到着時はすでに暮れ色の中。16部屋のこぢんまりとしたホテルでした。

Tamana02                    ロビー(翌朝の写真)

フロントで、「実は…」と告げられたのは…。

温泉設備が1台故障しているため露天風呂が使えず、源泉温度が43度と適温なので、
追い焚き用の設備がなく、ぬるめなんです。お詫びに、お食事にお飲物をお付けします。
もしも、近くのスーパー銭湯をご利用なら入場料も…

あらら…Σ(゚□゚(゚□゚*)  まあ、仕方ないかぁ…(=´Д`=)ゞ

Tamana03                    お部屋は和洋室

連休前だからか宿泊客も少なめで、宿泊を示すお部屋前の照明も、灯っているのは
とんびとんび。廊下も静かです (*^.^*)

Tamana04                    女湯 サウナもあるよ 男湯は『万両の湯』

大浴場は貸し切り状態。それでは…と、取りだすスマホ  (*・_[[◎]]o
露天風呂への出口は施錠されていました。あら~。せっかくの温泉。やっぱり残念ねぇ。

Tamana05                    誰もいないんだもん c(>ω<)ゞ  めざせ❣2020東京五輪❣

さらりとした肌触りのかけ流しの湯。少しぬるいとは言っても、その分ゆっくり浸かれば、
あがる頃にはじんわりと汗ばむ程には温まっていました。
そこは、やはり温泉ですもんね (*^.^*)

Tamana06                    入浴のマナー くまモンバージョン くまモンもお風呂に入るのね Σ(゚0゚*)

お食事は部屋食でゆっくりと。小さな施設ならでは…ですよね (≧∇≦)

Tamana07                    久々の懐石料理~❤

温泉から戻ったら、すでにお食事が用意されていました。思わず子供達に写真を送信❣
今回は、『鯛しゃぶ・黒毛和牛の鉄板焼き・馬刺し』のコースです。

Tamana08                    上左:梅酒・春菊のお浸し・前菜3種・お造り 右:黒毛和牛の鉄板焼き
                    下左:鯛のしゃぶしゃぶ・馬刺し・甘海老真蒸


風邪をひいたあと、こじらせて気管支炎になっていて、しばらく飲酒していなかったので、
ビールがまわる~ ヘ(~~▽~~*ヘ)   私の分まで飲んだ所長も、珍しく真っ赤っ赤。
お食事は、美味しかったですよ。食べ切れない程のお料理が次々と…。

Tamana09                    上左:海老の天麩羅・豆乳茶碗蒸し 右上:辛子蓮根 
                    下左:木の子ご飯・赤だし・香の物  右下:薩摩芋入り白玉おしるこ


50歳以上限定の特典で、辛子蓮根とビールがついていたので、旅館からのお詫びの
飲み物は日本酒を頂きました。
辛子蓮根は、熊本の郷土料理。味噌に辛子を練り込んだ餡を詰め、油で揚げた物です。
しかし、この辛子蓮根、家族で食べる程の分量ですよね?それが二人分❣とてもとても
食べ切れる量ではありません。持ってきた保存用パックに収納…( ̄b ̄)シーッ!

Tamana10                    玉名温泉 『つかさの湯』

しばらく部屋でくつろいで、スーパー銭湯へ行ってみる事にしました。ホテルから徒歩
5分程で大きな施設、『つかさの湯』があるんです。以前、一度だけ来た事があります。

Tamana11                    『つかさの湯』 源泉風呂と桧風呂 下右は岩風呂 (HPから)

広いし新しいし、大浴場の外には季節柄イルミネーションが煌めいて華やか~❤
夕方入浴しているしアルコールも入っているしで、長湯するつもりはなかったのですが、
短時間ずつ入っても、たくさんな種類のお風呂に、のぼせそうです (@Д@;
温まるって、こういうことね…と、改めて実感❣

Tamana12                    『つかさの湯』 露天風呂と壺風呂 下はサウナ (HPから)

平日で時間も遅いせいか入浴客も少なめでしたが、それでもザワザワと煩わしい感じで、
今日は、やっぱりホテルの露天風呂に、ゆっくり入りたかったかなぁ (*v.v)。

明日は、お天気も回復して晴れの予報。紅葉狩りにでかけます (*゚ー゚*)

2017年10月10日 (火)

秋晴れ☆日田そぞろ歩き 後編

さて、次の目的地『豆田町』は重要伝統的建造物保存地区。江戸から明治・大正に
かけての商家や土蔵など、古い町並が保存されている地区です。

Hita10                    『豆田御幸通り』

日田は『天領』で、江戸幕府直轄の地。九州の山奥の地でありながら、中央の文化が
入ってきて、栄えた土地だったそうです。

Hita11                    『珈琲談義所 嶋屋』  内観がここしか撮れなかった

運転してきて、少々疲れ気味な佑季のリクエストで、コーヒーを頂きに『嶋屋』さんへ。
築150年程の商家を改装してあり、調度品も趣があり、ずっと座っていられそう。
時間も遅かったので、お客さんも少なく、奥の中庭が見える座敷へ通されました。
お二階もあるので、次回は上から中庭を見てみたい❤
お腹はいっぱいですが、美味しそうなお団子に魅かれた~。柔らかくて、モチモチ~❤
「ダイエットは…?」の声も、今は聞こえな~い (∩゚д゚)

Hita12                    九兵衛だんごのセット アズキとキナコ

ここは有名人も多数訪れています。パッと目を引くのはキキの色紙の宮崎駿さん。
それからクッキングパパの荒岩一味さんも? (≧∇≦)
皇太子殿下も訪れ、「ココまで入られました」と、足型が書いてあったりもします。
佑季はちゃっかりその上に乗って、気分は皇族? ( ´艸`)プププ

閉店間際の最後の客だったせいか、お店の方と皇太子殿下の話で盛り上がりました。
佑季が、「母が…」と言うと、「え?母?親子?」と、たいそうビックリされたので、調子に
乗った佑季、「母は60歳ですよ~ ψ(`∇´)ψ」  (A;´・ω・)イヤ、ソコマデバラサナクテモ…
あら、お友達同士かと思ってたわ…と、奥の方に向けて、「親子だって~❣o(*゚○゚)ゝ」
お店、かなり暗かったしね…。けっこうお年も召してらしたしね…。
でも、暗がりならかなりサバ読んでも通用するかも…と、密かにガッツポーズ (๑˃ ᴗ˂ )و

Hita13                    国指定重要文化財の『草野本家』 平成の大修理

豆田町のシンボル的建物『草野本家』は改修工事中でした。残念だけど、仕方ないね。
…で、やっぱり覗くのよね ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

Hita14                    『天領日田資料館』 と 『嶋屋』さんのある魚町(いおまち)

施設や店舗は5時には閉めてしまうようで、店じまいの店舗がチラホラ。どこへ入っても
中途半端みたいで、どうしようかとウロウロ ~(゚ ゚ ;)))...(((; ゚ ゚)~

Hita15                    『天領ひな御殿』

『天領ひな御殿』の店員さんに、「今日は無料公開していますよ」と、声をかけられました。
え?閉店間際なのに入っても良いのでしょうか? Σ(゚▿゚(゚▿゚*)
ここは『日田醤油』の店舗でもあります。そう言えば、所長へのお土産にと、所長お気に
入りのお醤油を別店舗で購入し、佑季が腕から下げていたのでした。特別に声をかけて
頂いたのかもしれませんね (*゚ー゚*)

Hita16                    『天領ひな御殿』 木目込み人形など

お醤油が並べられた店舗を抜けて、奥へ。思わず目を見張る光景が… Σ(゚□゚(゚□゚*)

Hita17                    『天領ひな御殿』 おきあげ雛(羽子板に使われる人形のような平たい雛)

いったい何体のお雛様があるのでしょう。狭そうに見えた建物は、奥へ奥へと続き、
次々と現れるお雛様に、目がまわりそう (@_@)

Hita18                    『天領ひな御殿』 享保雛 

江戸時代の享保雛の中には、250年前の人形との表記のある物もあります。こ~んな
雛人形いっぱいのお部屋が次々と…。何部屋あるのか、わからないくらいです。

Hita19                    『天領ひな御殿』 立ち雛・宮殿飾りなど いろいろ~

明治天皇の洋装の立ち雛や、貝合わせもあったり…。豪華な宮殿飾りもあります。
これだけ人形があると、怖いくらいの迫力がありますよ。
15分程しか時間がなく、アタフタと見て廻りましたが、今度は入場料を払って、ゆっくり
見てまわりたいですね。

行き当たりばったりで訪ねた日田でしたが、思いがけず、江戸情緒を堪能した一日に
なりました o(*^▽^*)o

2017年10月 3日 (火)

秋晴れ☆日田そぞろ歩き 前編

綺麗な秋晴れに誘われて、大分県日田市まで行ってきました。同行者は、娘の佑季。
目的は、鮎を食べること❣ <+ ))><<  筑後川上流の三隈川河川敷の『やな場』です。

Hita01                    『やな場茶屋』 幟が立っている所が『やな』

着いてビックリ。以前に来た時は、河川敷に簡易な小屋で営業していたのですが、
なんと道路沿いにりっぱな建物が建っているのですよ。名前も『やな場茶屋』。
鮎のシーズンが終わると閉めちゃうんですって。ご参考までに、6年前の記事は『こちら

Hita02                    『やな場茶屋 内部』 道路から焼いた鮎が見えるよ

注文したのは「竹定食」。運ばれてきたお料理はプラスチックのトレーに入っていて、
これまたビックリ。以前の陶器の食器の方が、美味しそうに見えると思うんだけれど…?
まあ、味に変わりはないのですが、ちょっと残念な気もします。

ふと横を見ると陶器の湯のみの下に水たまりが…。「あれ?こぼした?」と、ティッシュで
ふいて、しばらくしたら、また水が溜まっている…。この湯のみ、ひびが入ってる?
これはスタッフさんに持って行って、さて、気を取り直して、割り箸を、割……
ろうとしたら、割れない❣ Σ(`0´*)
良く良く見たら、面取りはしてあるものの、切りこみが入っていない?
割れてはいけない物が割れてて、割れなくてはいけない物が割れない❣
なんだか、壺にはまって、必死で笑いをこらえていました  (ノ∀`)・゚・。

Hita03                    竹定食 7品

さて、お料理ですが、左上から右へ「南蛮漬け」「甘露煮」「デザート 梨のコンポート」。
下が「鮎飯」「せごし(鮎の輪切りのお刺身)」。そして、メインの「鮎の塩焼き」と「吸い物」。
文字通り、鮎づくしですよ~ (*^ω^*)ノ彡
さすがに美味しかった~❤ 鮎大好きな佑季は、化粧塩たっぷりのヒレまでかじって、
満足げ。 美味しいんだけれど、ものすごい塩の量なので私には無理そう… (;;;´Д`)ゝ

Hita04                    『やな』 鯉のぼりではありませんよ

やな漁は、川を下る鮎(落ち鮎)を獲る漁法で、お店の前には「やな」が仕掛けられて
いて、こんな景色を店内から眺めながらお食事できますよ。
今日は立ち入り可のようなので、近くまで行って覗いてみたけれど、残念、魚は打ち上げ
られてはいませんでした。

Hita05                    鮎のぼり

食後の腹ごなしに近くの『亀山(きざん)公園』を散策しました。ここには、私が日田で
一番好きな場所があるんです (*゚ー゚*)

Hita06                    亀山公園(山頂には日隈神社) と 島内堰

中学校時代を日田で過ごしたので、学校のスケッチ大会で来たりしていました。
今は児童公園も整備され、たくさんの親子連れが遊んでいましたよ。
川岸には温泉街のホテルや旅館が並び、この時期には日暮れと共に屋形船が浮かび、
鵜飼いが見られます。川岸には、出番を待つ屋形船が並んでいました。

Hita07                    島内堰からの景色 左上流側の緑の橋の向こうに『やな場』

左のこんもりと木が茂っている所が『亀山公園』。その向こうには、川沿いに温泉街の
ホテルや旅館が並びます。お気に入りの場所は、その「こんもり」をまわった先。

Hita08                    橋の向こうは温泉街

はい。ココです~❤ 隈町の温泉街と繋がる橋です。「こんもり」をまわった途端、浅瀬を
流れるせせらぎの音が聞こえてきます o(*^▽^*)o  ここからの景色が…

Hita09                    橋の上から 亀山公園のある場所は、島ではなく丘陵地よ

温泉街や屋形船が見える上流方面よりも、下流の方が好き❤
手摺がないので注意が必要ですが、その分邪魔な物がないので、まるで川の中に
立っているよう。せせらぎの水音を堪能できます。時を忘れて、佇んでいたい…。
日常から解放される じ・か・ん…❤

後編は、『豆田町』へ向かいます (*^.^*)

2017年9月26日 (火)

だ☆だ☆だ☆だ☆だ~いえっ♪

今までダイエットをした事がありませんでした。
必要がなかったわけではなく  (;´▽`A``  できなかったと言った方がいいのかな?

体力よりも頭脳労働を必要とする仕事なので、元々、食べてもあまり体重が増える方では
ありませんでした。脳が糖分を必要とするそうで、むしろ、食べないともたない感じで…。
夕方、買い物に行くと、お惣菜コーナーの前を素通りできず、助六(海苔巻き3個と、いなり
寿司2個)を買って、居間でこっそり食べ、そして、夕食のおかずは所長と同量。
晩酌をする所長と違って、私はご飯をしっかりおかわりして、2杯❣
お菓子類の間食をしないので、その分、糖分をご飯から摂っていたようです。
改めて考えると、ものすごい食事量でしたね c(>ω<)ゞ

Diet01                    カレーの時は蒸し野菜にかけて(副菜はイカのお刺身とサラダ)

加齢と共に鈍る頭の回転(つまり、今まで程は糖分が必要ない)、怪我などでより行動が
制限され(つまり、動かない)、なのに食事量は変わらない。食べては胃もたれで、胃薬
が手放せず、気付くと、「このままじゃ、やばくな~い? ( ̄○ ̄;)!」という身体つきに…?

運動教室に通うも、もろもろの事情で続ける事ができず…を繰り返し、少し締まっては
元の木阿弥。インストラクターの皆さんに、申し訳ないね (*v.v)。

そして、思い立ちました❣『炭水化物ダイエット』❣ ローカーボダイエットですね。
ただ、完全に炭水化物をシャットアウトすると、健康上危険性もあるという事なので、、
「できるだけ減らす」というゆる~いダイエットにしました。食べる時は、朝やお昼に一食。
夜は食べない。出かける時は体力保持のため、ちゃんと食べる…くらいの。

Diet02                    牛肉の炒め物とトコロテン 鶏肉と野菜をトマトスープで煮込んで

でも、始めてから気づきました。食事に含まれる炭水化物の、なんと多いことか❣
パン。ご飯。麺類。極端に言えば、芋や豆もそうよね。そして、砂糖も。

食べるもの、無くない? ( ̄○ ̄;)!

朝は、果物・チーズ・牛乳・ヨーグルトなど。昼と夜はおかずのみ食べ、たりない分は、
チクワやソーセージや卵など、たんぱく質で補っていました。

周囲に宣言せずに始めて、1週間たった時。昼食用のご飯が二人分しかありません。
でも、私は食べないし…と、所長と一季につぎ分けたら、「ご飯、足りないの?」
いや、1週間前から食べてないし…。「やっと、気付いたか❣」 (ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

運動教室で、体重が落ちると脂肪と一緒に筋肉も落ちると聞いていたので、できるだけ
筋トレも入れて、テレビを見ながら足を上げ、寝る前に腹筋。でも、腰が痛くなりましたよ。
元々弱い腰ですが、やはり少ない筋肉がさらに無くなる感じ。
そして、おしもの話で恐縮ですが、便秘になりますねぇ。炭水化物は多量の食物繊維を
含んでいますから。これは、オリーブオイルを、毎日少量飲んで解決しました (/ー\*)

Diet03                    別の日のカレー 野菜をたっぷり入れて薄めのスープ風に
                    副菜はオクラとサラダ


結局、2ヶ月で3キロ減りましたよ。
少ないようですが、飲み会など、お盆を挟んで飲食する機会は数度あり(私の還暦祝い
もね)、途中で何度か中断しつつ(ほら、ゆるいから)緩やかに続けていました。
そうだ❣ダイエットしてると宣言した後にも、所長から、「海鮮『丼』(←❣)食べに行こう」と、
誘われたりしたよねぇ。これって、所長の意識にはダイエットの文字はないよね? (-ε-)

とりあえずの目標に達したので、いったんここで終了、今は、普通に頂いています。
でも、体質が変わったのか、以前ほど、「ご飯❣ご飯❣」って言わなくなっています。
標準体重まで、もう少し。また、近いうちに(リバウンドする前に)、緩やかに始めたいと
思います (*´v゚*)ゞ

«ぐるっとまわって❤

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31