2017年8月 7日 (月)

立秋ですね

残暑お見舞い申し上げます o(_ _)oペコッ。
立秋とはいえ、まだまだ酷暑が続く気配ですね。皆様、お身体にお気を付け下さい。

先日の豪雨では、久留米の名前が出たため、皆様には、たいへんご心配を頂きました。
ありがとうございました。
被害の大きかった地域は、久留米の北部に当たる場所で、甚大な被害が出て、今現在も
なかなか復興が進まず、厳しい状態が続いています。暑さも追い打ちをかけています。
「朝倉市」「東峰村」「添田町」「浮羽市」等の被災地は、果物や農作物の里、小石原焼や
高取焼の焼き物の里です。一日も早い復興を願わずにはいられません。

                         **:.。..。.:**

全国第二の猛暑日の連続記録を打ち立てた昨年の久留米の夏。今年も、35度超えの
日が数日続いていました。

Hanabi01                    暮れそめし頃

久留米の夏祭りは、水天宮さんの『久留米水の祭典』。3日は前夜祭でステージイベント
中心に、4日は本祭でストリートパフォーマンス中心に行われます。
そして5日が、『筑後川花火大会』。

Hanabi02                    まだ空が明るいね

日にちが決まっているので平日に当たる事が多いのですが、今年の5日は土曜日。
巨大でのろのろの台風5号のため、なかなか予定が立てられなかったようで、開催が
決まったのは夕方。所長が、「行こう❣」と言いだしたのも、「え?今から?」くらいの時間。

Hanabi03                    打ち上げ花火いろいろ~❀

ばたばた準備して、電車で西鉄久留米駅へ。ここから直行バスが出ています。
土曜日とあって例年よりもバス待ちの行列が長いのですが、その分バスの台数が多い
のか、列はすいすい進み、たいして待ち時間もなく乗車~❤

Hanabi04                    尺玉2連発

会場も、座る場所を見つけるのがたいへんなくらいの混みよう。それでも、なんとか座る
事ができました。台風のせいか風があって、この数日はそれほど気温が上がってなく、
いつになく、涼しい花火見物となりました (*^.^*)

Hanabi05                    仕掛け花火~❁

普段は福岡の花火大会に行っているらしい、若い人達の驚く声がたくさん聞かれました。「わ。やばいやばいやばい❣」「きゃ~❤初めて見た~❤」「おお~~❣」 Σ(゚▽゚(゚▽゚*)

Hanabi06                    仕掛け花火~✾

公園や海辺で上がる花火大会が多い中、筑後川の花火は、広い河川敷を生かした
仕掛け花火が綺麗なんです~ o(*^▽^*)o

そして、ラストは某遊興施設の超特別大仕掛け❤3連発をどうぞ❣

Hanabi07                    超特別大仕掛け その1

Hanabi08                    超特別大仕掛け その2

Hanabi09                    超特別大仕掛け その3 空中ナイヤガラ

そしてオーラスの3尺玉が……………ドーーーーーン❣

Hanabi10                    画面に入りきれないくらい (・・;)

帰り道はすごかったですよ~、車の渋滞。バス待ちの時間よりも乗ってる時間が…。
ほんッと長かった~❣ (ノ_-。)  皆さん、公共の交通機関でおいでくださいね (;;;´Д`)ゝ

2017年7月 2日 (日)

雨の似合う花❀あじさい寺

今年の梅雨入りって、いったいいつだったのでしょうか?なかなか雨が降らず、肌寒い
朝晩を過ごしているうちに、いつの間にか雨の続く日が始まっていたような… (*゚ー゚*)

Ajisai01                    『あじさい寺』 ちょうどご近所さんから紫陽花を頂いた

久留米市の東部に、紫陽花で有名なお寺があります。以前から行ってみたいと思い
つつ、少々遠いのと、運転技術の未熟な私では一人では行けないのとで、今まで
行く機会がありませんでした (*´v゚*)ゞ

Ajisai02                    「本堂」 と 「梵鐘(県指定文化財)」

曹洞宗龍護山『千光寺』。日本最古に建てられた禅寺の一つで、別名『あじさい寺』。
7000株の紫陽花が植えてあるそうです。

Ajisai03                    本堂の奥が「あじさい園」 カタツムリも雨に喜ぶ?

6月下旬のある日、佑季が、「紫陽花見に行こう❣」と誘いに来てくれました。そう言えば
そろそろ見頃も終わりそうです。今を逃すと、また来年になってしまうよね Σ(`0´*)

Ajisai04                    斜面の上の方まで 写真では切り取れないほどの紫陽花

天気予報では「午前中は雷雨」だったのですが、夜のうちに降ってしまったのか曇り空。
念のため雨具を持って出かけました。数回行った事のある佑季は参拝客(花見客?)の
多さを心配していましたが、「雷雨」の予報が効いていたのか、やや少なめ。駐車場にも
待たずに入れましたよ (o^-^o)v

Ajisai05                    入口あたり やや上って まだまだ元気

6月中は「あじさい祭り」が行われていて、入場料が必要です。いつも見頃ギリギリか、
やや過ぎた頃になってしまいます。思い立つのが、遅いよね (^▽^;)アハ
この辺りは、やや見頃が過ぎているのと、曇り空なのとで、写真の写りがイマイチ。
なるべく綺麗な所を選んで載せてみますね。

Ajisai06                    この辺りが最上部かな

雨上がりなのでムシムシしていて、上の方まで上ってくると汗が… (ノ;´Д`)ノハヒハヒ
実際に来る前の『あじさい寺』は、上の写真のようなイメージでした。紫陽花と書くだけ
あって紫や青の花がたくさん植えてあるような印象が強かったんですよね。
今時の紫陽花って、色とりどりで形もいろいろね (*´v`*)

Ajisai07                    上から見下ろして

本堂では、お地蔵様の絵画で有名な信行真哉さんの展示会が行われていました。
あちこちの紫陽花の陰に、ひっそりと作品のお地蔵様が…。

Ajisai08                    本堂の裏手にも「あじさい園」

「あじさい園」の順路は入口で二手に分かれていて、ここは本堂の裏手の方。
こちらはちょうど満開で、歩いている人も多く、あちこちで歓声があがっていました。

Ajisai09                    まだしばらくは見頃のようですよ

ちょうど人の列が途切れたので、絶好のシャッターチャンスでした (*・_[[◎]]o
雨上がりの紫陽花。満開の桜を見た時の浮き立つような気分とはまた違って、しっとりと
落ち着いた気持ちになりますね

                         ❀❀❀

最後に、色も形も様々な紫陽花を載せてみますね。

Ajisai10                    テマリ型の紫陽花

紫陽花と言えば、この形? 紫や青だけでなく、白っぽいものやピンク色の物もよく
見かけるようになりましたね。
中下の赤い花は、もっと真っ赤だったんですよ。こんな色もあるのねぇ (*゚ー゚*)

Ajisai11                    ガクアジサイ

テマリ型のホンアジサイって、元々はガクアジサイを改良した園芸種なんですって。
実は、私はガクアジサイの方が好きです (*^.^*)

Ajisai12                    外来種 などなど いろいろ~

この頃は、変わった形の物を園芸屋さんで見かけますね。「あじさい寺」でも、まだまだ
株は小さかったけれど、あちこちに植えてありました (*´v`*)

2017年6月27日 (火)

今度は長崎路を西へ西へ☆後編

次の目的地は渦潮で有名な西海橋を望む『魚魚(とと)の宿』。総会を兼ねてお昼ご飯
です。温泉にも入れるとの事でしたが、予定では2時間程が当てられていて、総会もあり
食事も…となると、はたして自由時間がどれくらいとれるのか?
温泉よりは、渦潮が見たいなぁ (*゚ー゚*)

Sasebo21                    『魚魚の宿』のある『西海橋物産館』 と 『西海橋』

会場からの景色は見事❣海と島が望めて、お天気の良さも手伝って、絶景、絶景❤
あとで下りてみなくちゃね。渦潮、見えるかなぁ o(*^▽^*)o

Sasebo22                    会場 お料理はイメージよ ( ̄▽ ̄)

総会は一時間程。飲み物が配られお食事が運ばれてきます。所長は、「15分あったら
温泉に入る❣」と食べ始めましたが、結局デザートを食べずに温泉へ… (^-^;アラアラ

Sasebo23                    新西海橋 と 西海橋 3枚の写真を繋いでみた

集合時間まで、あと20分ほどしかありません。私はいそいそと下へ…。本当は
ここまでクルーズしてきて、近くの港に降りるはずだったんですよ。

Sasebo25                    一部拡大 渦潮、見える?

あらら。潮の流れが緩やかで、渦の少ない時間帯だったみたいですね。ここは東シナ海
になるのかな?博多の玄界灘(日本海)や有明海(干潟)とは違う海の色。綺麗❤
あら?そう言えば、東へ向かった時は山ばかり。今回は海ばかりだわ (*^.^*)

Sasebo24                    うずまくぞーくん と お土産

西海橋のゆるキャラ「うずまくぞーくん」。頭の角は「針尾無線塔」ですね。はからずも、
後ろのお空の雲がコラボしているような…。ん?一本足りないか? (*´v゚*)ゞ 

Sasebo26                    う~み~ヽ(´▽`)/

西へ西へと進んできた今日のツアーは、ここから東へ引き返します。次の目的地は
波佐見の『焼きもの公園』の「陶芸の館」。

Sasebo27                    バスから見えた「世界の窯広場」

野外博物館「世界の窯広場」には、様々な時代や世界の珍しい窯が12基再現されている
そうです。あら、楽しそう (*゚ー゚*)

Sasebo28                    「観光交流センター」

「くらわん館(陶芸の館)」は、このセンター内。私は本当は、屋外の「世界の窯広場」を
見たかったのですが、時間はあまり取られていないので結局見られませんでした。

Sasebo29                    スロープと吹き抜け部分

ついつい、焼き物より建物の方が気になったり…(*´v゚*)ゞ

Sasebo30                    2階 資料館

陶器の製造過程や作品の展示室。名工の作品の展示部屋もあります。広々していて、
ゆっくり見て回れそう。陶芸体験もできて、やってみたかったかも?

Sasebo31                    動く職人さん人形 と 登り窯の模型

このおじさん、絵付けをイメージした精巧な人形なのですが、突然動いて喋り出すので、
たまたま前を通っていた人達が驚いて飛びあがっていました。でも、良くできてるね。

Sasebo32                    1階 暮らしのアトリエ

せっかくだから何か買いたいと、うろうろ見て廻っていたのですが、なかなかいざとなると
決まらないねぇ。たくさんあり過ぎて目移りするし、いいなと思った物はけっこうお高い。
所長は、先日湯布院で買ったお醤油を入れる醤油差しが欲しいと、お買い上げ。
私は、小さな急須型の物が欲しかったなぁ。可愛かったのよ (*´v゚*)ゞ

2017年6月23日 (金)

今度は長崎路を西へ西へ☆前編

所長が所属している会の家族慰安旅行の、今年の行き先は長崎県佐世保市。イルカや
博物館を見に行った旅行と、同じ会の主催です (◎´∀`)ノ

Sasebo01                    川登SA バスの前で記念写真って、旅行っぽいよね

長崎自動車道川登SAでおトイレ休憩。日帰りバス旅行で、今回は観光バス2台。
例年より、バス1台分参加者が少ないようで、幹事さん達は少々残念そうです (*゚ー゚*)

Sasebo02                    九州新幹線西九州ルート

長崎までは、まだ新幹線が通っていません。高架の橋げた工事中。開業予定は、まだ
数年先ですね。

Sasebo15                    ハウステンボスの「塔」 ( ´艸`)プププ なつかし~❤

今回のメインは長崎県の佐世保湾クルーズ。佐世保は、先日行った『ハウステンボス』の
ちょっと先なので、同じコースを通って「塔」を横目に見ながら、さらに西へ…。

                         **:.。..。.:**

佐世保湾クルーズ、本来ならば渦潮で有名な西海橋まで行くはずだったけれど、波が
高いのとバスの到着が遅れたのとで、湾内のみの…つまりは『佐世保軍港ツアー』。
ちゃんと酔い止めを飲んできましたよ 船、酔うの(T_T)

Sasebo03                    渡船ばらもん

船内スタッフさん 「運が良ければ、米軍の艦船の出航が見られますよ~ (◎´∀`)ノ」
あの~…。それって、運が良いの?見たいような見たくないような ( ̄Д ̄;;不穏な空気が

Sasebo04                    は~るか先に イージス艦 見える?

普通なら梅雨入りしている頃ですが、まだ入梅前。快晴快晴 o(*^▽^*)o
青い海と青い空が綺麗~❤ 屋上のデッキに上がったので、けっこう風が強いよ~。

Sasebo05                    補給艦「おうみ」 物資が運び込まれているみたい

海上自衛隊最大艦の426補給船「おうみ」。停泊中のようです。遊覧船は、すぐ近くまで
近づき、船体をなめるように航行します。みんな目が釘付けで、「おお~❣」
初めて間近で見たけれど、見惚れました。.艦船って綺麗 Σ(゚□゚(゚□゚*)

Sasebo06                    海上自衛隊 佐世保教育隊

湾の周囲には、海上自衛隊と米海軍の施設がたくさん。ここは海上自衛隊の教育隊。
いわゆる学校ですね。「隊」っていうのね (。 ・O・)ほほーっ

Sasebo07                    米海軍 佐世保弾薬補給所

こちらは米海軍の弾薬補給所。お天気が良いせいか、のどかな景色に見えますが、
建物は弾薬保管庫、小高い丘の中もトンネル型の保管庫がいっぱいで、周囲には
避雷針が何本も立っています Σ(゚∇゚|||)

Sasebo08                    海上自衛隊 佐世保海上訓練指導隊の辺り

左から、104護衛艦「きりさめ」、154護衛艦「あまぎり」、108護衛艦「あけぼの」。
ネットで艦船番号の検索をしたので、間違ってたら教えてね (*゚ー゚*)
この左方に、国際ターミナルもあって、大型のクルーズ客船も着岸するんだって。

Sasebo09                    米海軍 佐世保基地辺り

右側の3艦で、左から、424補給船「はまな」、182護衛艦「いせ」、173護衛艦「こんごう」。
「いせ」は海上自衛隊最大級の空母型ヘリコプター搭載護衛艦で、ひときわ大きな船体
をしています。「こんごう」はイージス艦ですね。この奥の方が、米海軍の基地や居留地
になるらしいけれど、船体で良く見えなかったよ (*´v゚*)ゞ

Sasebo10                    佐世保造船所辺り

まるで品評会場のように、色とりどりのクレーンが並んで…。この右の方に、建造中の
タンカーらしき船がありましたよ。

Sasebo11                    タグボート

艦船ばかり見てきたので、こういう船は癒されるわぁ…と眺めていたら、牽引帰りの
タグボートでした。写真では大きく見えるけれど、本体は40m位でちっちゃいよ~。
こんな小さな船体で、巨大なをタンカーや客船を(ん?艦船も?)引っ張るのねぇ。

Sasebo12                    「おうみ」 いまだ停泊中

ぐるっと湾内一周しました。ず~っと前に近くを通った時は、潜水艦を見られたよ。
艦船は、金属をなめらかに伸して造られたように感じるけれど、今思えば潜水艦は
真っ黒で、なんだかゴムのような触感がしそうでした。

Sasebo13                    佐世保湾

佐世保は軍事施設と一緒に存在しているんですね。久留米には陸上自衛隊の駐屯地が
あるので、ヘリコプターが飛んでいるのを良く見かけるのですが、艦船を目の前で見た
のは初めてでした。

Sasebo14                    針尾無線塔

太平洋戦争の開戦時、「にいたかやまのぼれ1208」を中継・送信したと言われる『針尾
無線塔』。海上保安庁の無線送信所の施設。この塔は国の重要文化財なのだそうです。
海上自衛隊や米軍基地を見ていた時は、「すごーーーい❣艦船かっこいいーーー❣」
というような、存在の大きさに圧倒された気持ちが強かったのですが、さらに無線塔まで
見ると、憲法9条問題が色々と取りざたされている中、複雑な気持ちになりますね ( ̄0 ̄;

2017年6月15日 (木)

大分路を東へ東へ☆後編

更に東に向かいます。今回のオプショナルツアーは湯布院。わぁ。何年振りだろう (*゚ー゚*)
バイクで1時間程かかるので、所長はしぶしぶという感じだったけれど、私の粘り勝ち❣

Yuhuin01                    東へ東へ 右の平らな山が『伐株山』

久しぶりに通ると、風力発電所ができていたりして、少々景色も変わってる?
『伐株山(きりかぶやま)』は、見る角度によっては本当に切り株のように見えますよ。

Yuhuin02                    ちょっと迷っちゃって右往左往 ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

湯布院到着直前に、カメラがフリーズしちゃってアタフタ。パッと広がる盆地が見たかった
のに… (-ε-)
梅雨前の晴れ間とあって観光客も意外と多く、バイク禁止の駐車場もあったりで駐車
場所を探してウロウロ。結局『金鱗湖(きんりんこ)』真ん前の駐車場へ。

Yuhuin03                    『金鱗湖』

竜が住んでいたという伝説のある『金鱗湖』。名前の由来は、魚の鱗が夕日で金色に
輝いたことだそうです。なんと、ここ、湖底から温泉が湧いているのですって (゚0゚)

Yuhuin04                    茅葺屋根の建物が『下ん湯』

湖畔に『下ん湯』という公衆浴場があるのですが、混浴な上に露天風呂は湖に近く、
とてもとても入る勇気がありません。中を見てみたくはあるけれども… (*v.v)。

由来のとおり、泳ぐ魚はかなりの数が見えますが、銀色に光る鱗は外来種?ティラピア?
「なぜにこんなに?」という位います。鯉や小魚も多いのですが、岸辺近くに群れていて、
真ん中辺りを悠々と泳いでいるのはティラピアです (;・∀・)

Yuhuin05                    『CAFE LA RUCHE』

湖畔にあるカフェ(『下ん湯』の左隣の建物よ)でスイーツタイム。室内もレトロな感じで
素敵だったのですが、テラス席が空いていてお天気も良いので、『金鱗湖』を見ながら
頂きました (*^.^*)

Yuhuin06                    『CAFE LA RUCHE』

私はプリン、所長はフルーツパウンドケーキ。アイスコーヒーとセットで、『金鱗湖』を
眺めながら、湖面を渡るそよ風に吹かれて、優雅に頂いて…いたのですが…。
大陸からのお客様の方々が出たり入ったり、大声で叫ぶし 落ち着かない… (;°°)
結局、食べ終わったら早々に出ちゃいました (=´Д`=)ゞ

Yuhuin07                    『由布岳』

駐車場の係員さんから、「由布岳の山肌のピンク色がミヤマキリシマですよ」と教えて
もらいました。わかりにくいのですが、茶色い地肌の所にほのかなピンク色が見えます。
もうちょっと近くで見たいね (*´v゚*)ゞ

Yuhuin08                    「湯の坪街道」あたり

時間がないので、JRの駅の方までは行かれません。一番店舗の多い辺りをウロウロ。
浴衣散策のお姉さん達や人力車夫のお兄さんが、レトロな雰囲気UPに一役かって…。

Yuhuin09                    バイクから撮った、おせんべい焼きのお兄さんがカメラ目線 ( ´艸`)プププ

ふと目についたお店で食べ歩き。唐揚げは塩とタレ。私が塩ね。ジューシーで熱々❤
さすがにおせんべいは食べ切れずに、半分お持ち帰り (* ̄ )=3 ゲフ

Yuhuin10                    あちらこちらとウロチョロ

「街道」からちょっと入ると、静かな佇まい。門から入口の見えない高級旅館があったり、
工夫を凝らしたお土産物屋さんがあったり…。もっとゆっくり来てブラブラ歩きたいね。

Yuhuin11                    「醤油屋本店」

ここでお土産に、お醤油と大根のお漬物を買ったよ。出汁の効いた甘めのお醤油で、
食卓に置いておくのにぴったり。麦みそ漬けの大根のお漬物も、美味でした (*゚ー゚*)

Yuhuin12                    匠醤油とお漬物のコーナー

お醤油もお漬物も、早々に包装を破られちゃったので、HPから借りてきちゃいました。
右は自分のお土産に買った…何だろ?写真とかメモとか挟むのにいいかな?

Yuhuin13                    洞門

帰り道です。山の写真ばかりだったので、自分の趣味で、洞門… (*´v゚*)ゞ
左がコンクリート造の「塩井第一洞門」、右が鉄骨造の「湯の釣第一洞門」。なぜだか、
見てると楽しいんですよね、洞門とか橋とか。
左の方は「第二洞門」がカーブしているけれど、写真が間にあいませんでした。
右の方は、同じ構造の物が3つ続けてあり、特に「第一洞門」が長くてカーブしていて、
次々に現れる赤い鉄骨にワクワク o(*^▽^*)o

Yuhuin14                    筑後平野の夕日

やっと久留米まで戻ってきました。なんとか明るいうちに着きそう。
所長、長々と運転ご苦労様でした (o^-^o)

«大分路を東へ東へ☆前編

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31