2018年7月18日 (水)

フライング❀土用の丑の日

          酷暑お見舞い申し上げます

全国的に猛暑ですね。久留米は、連日35度超えの日が続いています。
皆様、水分補給・塩分補給を忘れず、お身体にお気を付け下さい <(_ _)>

                         ∈(゚ ゚)∋

左肩の痛みを我慢しつつ台所に立ち、片手で料理するのも辛い頃。(←7月上旬です)
疲労もピークに達し、「作りたくな~い❣ ヽ( )`ε´( )ノ」
・・・で、ちょっと(かなり?)早めの『土用の丑の日』。今年は7月20日と8月1日ですって。

ちょうどエツの時期なので、お造りも頂きました。エツは筑後川特産の銀色の魚。
葦の葉が変化したと言われる平たい魚なので身も薄く、しかもイワシの仲間なので
小骨が多く、骨切りのため数ミリ程に刻まれています。

Unagi01                    エツのお造り

お造りの骨は唐揚げにしてくださる。カラッと揚がって、頭までポリポリ頂けるよ。
私は、今は車の運転ができないので、所長はノンアルコールビールで我慢です。

Unagi02                    セイロ蒸し

所長は定番の『うなぎのセイロ蒸し』。肝吸いと小鉢が付いて2,160円。
以前よりは値上がりしているのですが、それでもお安いでしょ?ヾ(*^〇^*)ノ
おもてなしのためにお寿司の出前を取ったりしますよね。そんな時、この近隣では、
「ウナギば、取るったい」と、このセイロ蒸しを注文する事も多いです。

Unagi03                    鰻丼


私は、いつもはにぎり寿司や御膳を頂くのですが、思うように動けず体力も落ち、少々
バテぎみなので、エネルギー補給を兼ねて今回は『鰻丼』。お値段は、セイロ蒸しより
少々お安い程度。『せいろ蒸し』のご飯の量は、それ程多くは見えませんが、実は、
「半端ねぇって」いう程ギュウギュウに詰めてあるので、私は完食したことがありません。
鰻丼くらいがちょうど良いの。綺麗に完食 (*^_^*)

夏バテ対策には、少々早めのウナギでしたが、ちょっとはスタミナ付いたかな?

2018年7月12日 (木)

ありがとうございます

去年に続き、梅雨の終わりに、またもや水害に見舞われました。犠牲となった方達に
お悔やみ申し上ると共に、被害に遭われた方達にお見舞い申し上げます。

ご心配頂いた皆様、ありがとうございます。久留米市内でも、広い範囲で冠水や家屋
浸水がありました。最寄駅前のロータリーが冠水し、うちから一番近い川も危険水位を
超えましたが、幸い、うちの周囲は被害はありませんでした。
五十年に一度あるかという豪雨で、紫色で表示される特別警報を初めて見ましたよ。
やっと梅雨明けしそうですが、地盤が緩んでしまっているので、少しの雨にも不安が
よぎります。皆様も、くれぐれもお気を付け下さい。

避難勧告が出た時は、たまたま私一人が在宅していました。鉄骨造なので壊れることは
ないとは思いますが床上浸水の恐れはあり、水没して一番困る物は事務所関係の
データです。バックアップしてある三人分のハードディスクを外し二階に運ばなければ❣
・・・が、私や一季の物は白いコンパクトな物なのに対し、所長のは黒くて少々大きめ。
「あれ?これだったっけ?」と外したら、本体だった・・・Σ(;・∀・)
所長のパソコンの本体がすごく小さいので間違ったのですが、持ち運べるのなら本体を
避難させた方が良いような気もしますね。
「モニターや本体も移動させるべきか?」と思いつつ、まだ左腕が無理できないので、
悩んでいた所へ所長、無事帰還。この豪雨の中出かけていたのですが、やっと私鉄が
動いて戻れたそうです。駅前の冠水には気づかなかったそうで、割合短時間で引いた
のかもしれません (*゚ー゚*)

結局、水が引き始めているとの事で避難はしなかったのですが、改めて自主避難先を
考えてみると、うちからだと危険水位を超えている川を渡った先なんですね。他の避難
場所を考えた事がなかったので、普段からチェックしておくべきだと思います ∑(=゚ω゚=;)

               ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★

『石灰沈着性腱板症』では、皆様にご心配頂き、ありがとうございました (o・ω・)ノ))
ブロック注射が効いているのか、身動きできないほどの激痛は二日程でなくなり、
左肩も少しずつ動かせるようになり、徐々に普通の生活に戻りつつあります。
使えなくなって初めてわかるありがたみ。普段、何気なく動かしているけれど、いかに
多くの場面で、利き腕でない腕が重要な役割を果たしているのかが、わかりますね。

包丁を使うのも、左手で押さえないから危ないし、フライパンが持てないから、食材を
ポンっと乗せて焼くか煮るかのみ。洗濯物も干せない、自転車にも乗れない、etc etc・・・
かなりの不自由を強いられていました (;´д`)トホホ…

常に鈍痛があり、時折発作のように大きな痛みがありますが、我慢できる痛みだし、
それも徐々に軽くなって来ているので、鎮痛剤は就寝時のみにしています。
胃薬のシメチジンは・・・続けています (=´Д`=)ゞ
痛みが無いからと左肩をひどく使ってしまったあとは、やはり痛みが出ますが、動かさ
ないと可動範囲が狭まるそうなので、『無理せず養生しつつ全快』を目標にします。

2018年6月 5日 (火)

四季です・・・

四季です・・・。左肩が痛いとです。首筋から肩コリする辺りに痛みがあり、肩先から
指先までしびれていたとです・・・。
整形外科に行ったら、レントゲンを撮られ、鎮痛剤と胃薬と湿布薬を出されました・・・。
石灰沈着性腱板炎というらしいとです・・・。

     石灰沈着性腱板炎:肩腱板内に沈着したリン酸カルシウム結晶によって急性の炎症が
                  生じる事によって起こる肩の疼痛・運動制限


Sekkaika01                    矢印の所に石灰化した物が溜まっているとです・・・

四季です・・・。「薬でダメなら注射ね」って言われたので、二週間薬を飲んで様子を
みたとです・・・。さらに二週間後、やっぱり痛みがあるので、整形外科に行ったら、
「薬は続けて飲まなきゃ」と言われました・・・。注射じゃなかったんですか❣

四季です・・・。我慢できない痛みではなくなってきたので、市販の鎮痛剤を買って、
痛い時だけ飲む事にしたとです・・・。それから二ヶ月が何事もなく過ぎ、私の症状は、
このまま快方に向かうのだと思っていたとです・・・。
金曜日の夜に、突然左肩の超激痛に襲われました❣肩は動かせません・・・。
物も持てません・・・。寝返りもうてず、身動きすらできなくなりました・・・。
残っていた鎮痛剤を飲んでも、治まるのは『超激痛』の『超』の部分だけで、『激痛』は
残っています・・・。しかも所長は「夜の付き合い」で、居ないとです・・・。

四季です・・・。土曜日になっても、『超激痛』は去りません・・・。所長は友達とバイクで
ツーリングに行ったとです・・・。前夜も遅く戻り、私の状態には気づいていません・・・。
鎮痛剤も尽きそうになっていたので、娘の佑季に電話して買ってきてもらったとです・・・。
第一類医薬品なので薬剤師さんのいる遠い薬局まで行ってくれました❣
所長は、そのまま友達と「夜の付き合い」に行ったとです・・・。私の状態にはやっぱり
気付いていません・・・。「夜の付き合い」って、いったい何回あるとですか❣

Sekkaika02                    ♪ロキ○ニンS 第一類医薬品だったとです・・・

四季です・・・。日曜日の夕方、「料理できません。鰻のセイロ蒸しの出前とろうか?」
との問に、所長は、やっと私の状態の深刻さを把握したらしいとです・・・。
あれほど、「鰻食べたい❣鰻食べたい❣」と言っていたのに、スーパーまで行って、
お弁当やパンを買ってきてくれました・・・。洗い物や風呂掃除も、やってくれたとです❣

四季です・・・。友達からラインが来たとです・・・。
「久留米は30度超えの真夏日だそうですが、暑いですか?」
室内でじっとしているので、わかりません❣

四季です・・・。月曜日になって、整形外科へ行ったとです・・・。痛みは、少し弱まっては
いても、やはり腕が持ち上がりません・・・。痛みと寝不足でぼ~っとして、ハンカチを
持って行くのを忘れてしまいました・・・。病院のコンビニに100円と書かれたコーナーが
あったので、奥の方から大人しめの柄を見つけ出し、レジに持って行ったとです・・・。
「324円です」   108円じゃなかったんですか❣

Sekkaika03                    324円だったとです・・・

四季です・・・。あまりの痛みに腱板損傷を疑ったとです・・・。もしや手術か入院かと、少し
覚悟もしたとです・・・。先生は、「石灰沈着性腱板炎ですね~」事も無げに言うとです・・・。
「鎮痛剤を飲まなくても、胃薬を続けた方が良かったね」
処方されていた胃薬には、石灰を溶かす作用もあるとだそうです・・・。
そんな事、最初に言ってください❣

Sekkaika04                    シメチジンの方が主役だったとです・・・

四季です・・・。変わらず、「薬で・・・」という先生に、「他の治療法はないんですか?」と、
尋ねたとです・・・。注射もあるって言ってたじゃぁないですか❣

無理を言って注射してもらいました・・・。「効果は・・・?」と訊くと、
「やってみないと・・・。どれくらい効果が出るかわかりません」・・・・・・・・・・・・

帰り道、三角巾を買いました・・・。腕が動かせるようになるまで、吊っておくとです・・・。

Sekkaika05                    三角巾・・・。一人では結べません❣

四季です・・・。四季です・・・。四季です・・・  つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

2018年5月 9日 (水)

春の久住高原✿

珍しくGWに晴れの日が続きました。一日くらいは遊びに行こうかと相談しているところへ
娘佑季からもお誘いがかかり、所長と三人で久住高原へ日帰りドライブ。

Kuju01                    レゾネイトクラブくじゅう

寒い頃から所長が行きたがっていた『レゾネイトクラブくじゅう』。期間限定の、お昼の
バイキングが始まっていました (◎´∀`)ノ

Kuju08                    レストラン「メテオ」入口 エントランス横に椎茸の原木が

高速道路を使うつもりでドライバーを買って出た佑季でしたが、一般道と聞いて Σ(゚д゚;)
それでも往復6時間、がんばって運転してくれました。ありがとね (*^.^*)

Kuju02                    室内の写真が撮れなかったので、イメージ写真から

佑季は、春の花満開の『くじゅう花公園』はどう?・・・と誘うつもりだったようですが、私の
気管支喘息が少々悪化していて、花粉を避けて・・・・・・・・・正解でした❣花公園の入り口
周辺は、駐車場待ちの車の渋滞。少し離れた駐車場まで満杯でした Σ(゚□゚(゚□゚*)

Kuju03                    パン用のお皿に盛ってしまった (^▽^;)  お肉はタンドリーチキンとポーク

レストランは、GWとあってか、かなり込み合っていました。でも、受付終了時間ギリギリに
着いたのに、お料理はちゃんと補充されていて、さっそく最初の一皿を。・・・と、言いつつ
二皿ですね。今日はドライバー付きなので、所長はビールもね (*^Q^)c[]地ビールうまし❤

Kuju04                    カレーとミネストローネ お皿のお肉が牛すじの煮込み

このバイキングは初めての佑季。「何がお勧め?」との問に地元産の豊後牛と有機野菜
かなって答えていたのですが・・・。牛すじの煮込みを一口食べて、「わ。美味しい❣」
いそいそとお代りに・・・((( ^-^)Ψ

Kuju05                    ステーキは一人100g 目の前で焼いてくださる

豊後牛のステーキは三人盛り。思わず無口になる美味しさ モグモグ(๑´ㅂ`๑)モグモグ

そろそろデザートに進もうかと思う頃、こんもりとした黄色い物をお皿に乗せた方が
通りすぎました。「あれは何?」と キョロ (・.・ )( ・.・) キョロ
見つけたのは、ちょうど他のお客さんが溶けたチーズをお皿に乗せてもらっている場面。
大きな半月型のチーズを、温めて溶かして食べる「ラクレット」ですね❣
なんと、私は温野菜のコーナーと思い、通りすぎていたのでした ∑(゚∇゚|||)

Kuju06                    初ラクレット❤チーズたっぷり

すでにデザートを山盛りお皿に乗せていた佑季も、ラクレットと聞き、アイスのお代り分を
ラクレットに変更。嬉々と二人で並んで、頂きました。食事もすでに終盤で、温野菜は
ちょこっとしか乗せていないのに、た~っぷりとチーズを乗せてくださいました。とろけた
チーズの美味しかった事。気分は、もうアルプスの少女、ハイジですね ゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

Kuju07                    やっとデザートに到着~❤

そして、盛って来たデザートに所長がビックリ。「食えるの?」  食べますとも❣ (*^.^*)
ラクレットの分、多かったようですが、あ~、美味しかった~。満腹満足❤

Kuju09                    水源 『くじゅう 一番水 山の神』

腹ごなしを兼ねて近くの水源へ行きましたよ。なんと、所長は久しぶりの湧き水とあって、
10ℓポリタンク3個+αを持参 ∑(=゚ω゚=;)多すぎない?

Kuju10                    あれ?竹筒だった取水口が塩ビ管に変わってる?

水神様の祠へお参りしている間に、所長はすでにポリタンクに汲み終わっていました。
佑季もペットボトル持参で、続いて汲み始めました。さすが水源ガール❣
小川を覗きこんだら、水がすごく澄んでいて、やっぱり綺麗~❤ 

Kuju11                    水源の前の風景

子供が小さい頃、この辺りに良くキャンプに来ていました。こういう景色を見ると、また
キャンプがしたくなります (*^.^*)

Kuju12                    紅殻(べんがら)の湯

このランチバイキングには、ホテルの大浴場の無料入浴券が付いてきます。
さすがに今日は貸し切りとはいきませんが、それでも少人数の『紅殻の湯』。鉄分を
多く含むので茶褐色の湯ですが、美肌の湯と言われていて、お肌しっとり❤

相客の合間を縫って写真を撮っていたら、佑季に怒られた・・・(;`O´)oコラ!   (*・_[[◎]]o

Kuju13                    露天風呂も茶褐色だよ

良いお天気だったのに、ちょっと曇ってきました。露天風呂は、少しぬるめで肌寒い。
・・・で、佑季が来て、また怒られる前に・・・

Kuju14                    しゅたッ ばちゃばちゃ

目指せ❣東京五輪❣今日はダブル・バレーレッグに挑戦❣
ん~。両足の高さが揃ってない・・・(^▽^;)  んだ。おら特訓やるだよ、あさひさん❣

Kuju15                    テラス

レストランの外側にあるテラスで、ちょっと休憩。ほてった肌にさわさわと風が心地よい。
初めて入ったけれど、カウンターもあるという事は、イベントにも使われるのかな?

Kuju16                    テラスからの眺め

目の前に広がる客室棟。右下の写真の右側の建物が、先程入った『大浴場』ですね。
客室棟ごしに 遥かに山々が望めて、い~い気持ち。客室からは、遮る物もなく、
この雄大な高原が見渡せますね (*^.^*)

Kuju17                    阿蘇五岳

帰り道の展望台から見た阿蘇方面。前回の記事では、曇り空で阿蘇五岳は見えません
でした。今日は少し霞んでいたけれど、ばっちり見えたよ~(≧∇≦)

2018年4月27日 (金)

柳川あそび✿川下り編

中山熊野神社からほぼ西へ。柳川市内には縦横に掘割(クリーク)が巡っています。
水郷柳川の風物詩、どんこ舟での川下り。柳川近在出身の所長は三度目ですが、
私は初めてです~❤   いや、柳川自体、観光目的で訪れた事がないと言っても、
あながち間違いではないのかもしれない・・・(^-^;

                         ✿✿✿

『松月 乗下船場』に到着~。『欄干橋』から見下ろす舟にはすでに数人の乗客があり、
今にも出発しそうな雰囲気。柳川出身の文人達ゆかりの『松月文人館』で料金を
支払い、私達の乗船後すぐに船出。日差しが強く、菅笠(すげがさ)をお借りしました。
最後尾、船頭さんの横に座ったので、振り返っての写真が多くなりました (*・_[[◎]]o )))

Kawakudari01                    『松月 乗下船場』 と 『松月文人館(博物館)』

船頭さんはかなりのご年配ですが、良く通るお声で案内をしてくださいます。乗客の
半数は外国の方なので、テンポの良い日本語が通じているのか、ちょっと疑問 (゚ー゚;

しばらくは、ごく普通の街並の中を下って行きます。風が強い日は、操舟自体が
たいへんだそうで、「今日は風がないから楽ですね~」
下るコースも上るコースも『川下り』。しかも料金が同じだそうですよ。風のある日に
たくさんの乗客を乗せて上るのは重労働でしょうね ∑(=゚ω゚=;)

Kawakudari02                    『柳川城堀水門』 ここからが本番よ

あれ?この先は、舟は通れないのでは・・・と、見ていたら、舟はここから右へ。
『柳川城堀水門』は城内へ入る唯一の水門で、ここを閉めて上流の堤防を切ると、
柳川城の周囲だけを残して水没してしまうのだそうです Σ(゚д゚;)え?

Kawakudari03                    『水中歌碑』 周囲は「なまこ壁」などの、風情ある景色が続く

『汲水場』の『水中歌碑』。この時は水位が低く、礎石が水に浸っていませんが・・・。
  ――ついかがむ乙の女童影揺れて まだ寝起きらし朝の汲水場に―― 白秋
歌碑の奥の庭は対岸のお宅の『離れ庭』。お世話には舟で渡っていたのでしょうか。

Kawakudari04                    『あめんぼセンター(柳川市立図書館)』

『あめんぼセンター』は水の資料館でもあります。もしや「あめんぼ」って、北原白秋の、
「あめんぼあかいな あいうえお」から取っているのかも?
対岸には河童の像。水が豊かな場所には、河童の伝説が付きものですね。あちこちに
甲羅干しをする亀もいて、気持ち良さげに首を伸ばしていました。

Kawakudari05                    『柳城橋』 頭をぶつけそう

くぐる橋の中で一番低い『柳城橋』。今日は、かなり水位が低いんですよ。という事は、
雨の後などは、身体ごとかがむようにして、くぐるんでしょうね (ノ゚ο゚)ノ ミ(ノ _ _)ノ

Kawakudari06                    どんこ舟を上流へ運んで行く、船帰りの船頭さん

船頭さんが、案内の折々に柳川にまつわる童謡や歌謡曲を歌って下さるのですが、
後続の舟の船頭さんの歌声が、ちょうどハモるように聞こえていました。
     ♪からたァちのはァなァ~ (゚m゚*)3        ♪からたァちのはァなァ~

Kawakudari07                    『並倉』 国の登録文化財

柳川の味噌メーカー『鶴味噌醸造』の施設で、赤い煉瓦造りの壁が美しい『並倉』。
ドラマや映画のロケに使われる事も多いそうです。

Kawakudari08                    『内堀』

『並倉』の前を進むと『外堀』。私達の舟は右折して『内堀』へ。新緑の木立の中を
進むので、ひんやりして気持ちい~い❤
『内堀』に入った辺りから、右岸(上の写真では左側)は日本の道百選にも選ばれた
『水辺の散歩道』が始まっています。緑の中、お散歩するのもいいよね❤

Kawakudari09                    『鰻の供養塔』 と オブジェのような『日吉神社 乗下船場』

ちょうどコースの中間点にある『鰻の供養塔』。その背後の建物は 水上の売店です。
まるで、異国の水上マーケットのような雰囲気ですね。
この対岸辺りが『柳川城跡』で、中学校や高校の敷地内にあるそうです。

Kawakudari10                    『田中吉政公の像』 と 『弥兵衛門橋』

柳川藩主「田中吉政公」は、有明海の干拓や道路・掘割の整備など、現在の柳川の
街並の基礎を築いた名君と言われたそうです。
像のすぐそばには、小さな『弥兵衛門橋』。一番古くて狭い橋で、舟がゴツゴツと石垣に
ぶつかりながら進んで行きます。「手は膝の上~❣背中に気を付けて~❣」
「今日は子供さんが乗っていないから、安心です~」と、言いつつも危険は隣り合わせ。
うっかり船べりを掴んでいたりすると、骨折くらいではすまないそうです Σ(゚д゚;)

Kawakudari11                    『くもで網』 と 『まちぼうけの碑』

クモが手を広げたような形から名づけられた『くもで網』。(網を上げ下げするだけの
簡単な漁法) 観光用に再現されたそうですが、そう言えば、これ、有明海で見たよ❣
童謡にちなんで建てられた『まちぼうけの碑』は、切り株に手を乗せている形。一見
少女のように見えますね。

Kawakudari12                    『白秋道路』 と 『壇一雄文学顕彰碑』

北原白秋が自宅から伝習館中学へ通った通学路が『白秋通学路』と名付けられていて、
その中でも、この辺りは『白秋道路』と言うのだそうです。
北原白秋と同じく、柳川出身の壇一雄の碑『文学顕彰碑』に刻まれているのは「有明潟
睦五郎の哥」。柳川は、他にもたくさんの文人を輩出していますね (*^.^*)

Kawakudari13                    『御花 乗下船場』(建物は『御花 松濤館』) と 『御花 西洋館』

一時間ちょっとで、『御花 乗下船場』に到着~❤  降りたら『御花』の敷地内でした。
柳川藩主立花家の邸宅だった建物で、現在は料亭旅館。『立花氏庭園』として、敷地
全体が国の名勝に指定されています。
柳川出身の、琴奨菊関の結婚披露宴が行われたのが『御花』だったんですよね。
ご夫妻の「川下り」の様子、テレビで見ていました。お祝い事の時は上るんですよ。

『西洋館』の外観を眺めながら一休み。『御花』の建物内には、私も一度入った事がある
ような・・・気がするんですけれど・・・。中から庭園を眺めた事もあるような・・・気もするん
ですけれど・・・。残念ながら、記憶がアヤフヤ (*´v゚*)ゞ

Kawakudari14                    『殿の倉』(立花家資料館) と 『水影の碑』

『御花』の資料館の「なまこ壁」。白秋が、この白壁を見て詠んだ歌の碑『水影の碑』が
お堀の中にあります。
   ――我ついに還り来にけり倉下や 揺るる水照穏に焼けつつ―― 白秋

Kawakudari15                    沖端の街並

柳川駅や駐車場に向かうシャトルバスの乗り場がこのお堀端。そよそよと風になびく
柳が柔らかな光景を造っています。辺りには、柳川名物の鰻や泥鰌(どじょう)を食べ
させるお店が並び、香ばしい匂いに誘われます。所長は大好物の鰻とあって、次回
来た時の下準備よろしくチェックに余念がありません (*^m^)
橋の上から川下りの舟を眺めていたら、船頭さんが英語で案内している声が聞こえて
きました (*^.^*)

«柳川あそび✿中山大藤編

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31